チベット住民の健康レベルの変化(嬰児死亡率、妊婦死亡率、平均寿命)


  • チベットの嬰児死亡率 ・・・ 43%(1950年代民主改革前) → 2.45%(2007年)
  • チベットの妊婦死亡率 ・・・ 5%(1950年代民主改革前) → 0.31%(2007年)
  • チベットの平均寿命 ・・・ 35.5歳(1950年代民主改革前) → 67歳(2007年)


  • チベット住民の健康レベルの変化。左から右へはそれぞれ、民主改革前と2007年の嬰児死亡率(%)、妊婦死亡率(%)、平均予期寿命(歳)

    (データは『チベット統計年鑑』と『中国統計年鑑』に基づいて整理)

    「チャイナネット」2009年4月7日



    平和解放後のチベットの社会・経済発展データ / ホームに戻る